アメリカ女子ツアー開幕戦3日目、宮里藍は好機生かせずも納得

アメリカ女子ツアーの開幕戦、

「コーツ・ゴルフ選手権」の3日目。

 

宮里藍は1バーディ・2ボギーの“73”でラウンド、

トータルイーブンパーに落とし35位タイグループへ後退。

111519_600400
出典:http://news.golfdigest.co.jp/

しかし、インタビューの表情は明るく、

数字上は良くないと見えるパッティングにも

納得の様子です。

 

パット数33も、ストロークに不安なし

3日目の宮里藍は、距離的にはイージーと見える

バーディチャンスにつけたものの、

 

なかなか決めることができずに、

フラストレーションがたまるような雰囲気の

ラウンド。

2015013118034374586

出典:http://www.alba.co.jp/

しかし、実に「淡々」としたストロークを続け、

ハズレても表情は変わりませんでした。

 

試合後も、「思ったところに、思ったように打てた」

と、コメントし「そのうち入ってくる」と、

昨季のような不安は、完全に払しょくした様子。

 

確かに、3パットは一度あったものの、

その他は、読みが合っていれば入るという

パットの連続だっただけに、

これからアジャストしていけばいいということでしょう。

 

我慢しながら、最終18番で見事に読み切って

バーディを決めていますので、最終日は期待が持てそうです。

 



スポンサーリンク

 

スコアが詰まっているので…狙います!

久々に宮里藍の「上位進出宣言」が聞けました。

 

「スコアが詰まっているので、少しでも順位を上げるチャンス」

と、昨年は賞金シードを逃し、終盤の奮起気も沈みがち

だっただけに、初戦から貪欲にチャージしていく

姿勢がいいですね。

111529_600400
出典:http://news.golfdigest.co.jp/

宮里藍が復活して、安定感抜群の横峯さくらが

加わると、お互い刺激し合って上位進出というのも

期待できそうです。

 

韓国勢のワン・ツーフィニッシュはありますが、

アメリカツアーで、日本勢のワン・ツーも見たいですね。

 

コンタクト効果?リディア・コーが猛チャージで首位!

今シーズンから、コンタクトレンズに変えて、

別人のように変身したリディア・コー(NZ)は、

大人の雰囲気が出てきましたし、

プレーの方も相変わらず堂々としています。

111533_600400
出典:http://news.golfdigest.co.jp/

次々とバーディを量産して、まさに「視界良好」。

あっという間にスコアを7つ伸ばして、

14アンダーでトップへ躍り出ました。

 

1打差のトータル13アンダー単独2位にハナ・ジャン、

さらに1打差でチェ・ナヨンの韓国勢。

 

女王のステイシー・ルイス(米国)は

10アンダーの4位につけています。

【3日目の結果】
1位:リディア・コ(-14)
2位:ハナ・ジャン(-13)
3位:チェ・ナヨン(-12)
4位:ステイシー・ルイス(-10)
5位T:エイミー・ヤン(-9)
5位T:ジェシカ・コルダ(-9)
5位T:オースティン・アーンスト(-9)
8位T:リュウ・ソヨン(-7)
8位T:イ・ミリム(-7)
8位T:アサハラ・ムノス(-7)
35位T:宮里藍



スポンサーリンク

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ