エビアンチャンピオンシップ速報(2日目)

米国女子ゴルフツアーのメジャー最終戦、エビアンチャンピオンシップ2日目の速報です。

初日いきなり10アンダーと、いきなり飛び出したキム・ヒョージュがどこまでスコアを伸ばすのか注目されましたが、この日は前日とは異なり、ややパッティングに苦しんで、スコアを1つ落として、2位へと後退しました。

 

それでも、パット以外の数字は、初日と変わらずで、ショット自体は安定しているようです。インコーススタートの2日目は、前半の9ホールで3つスコアを落とす苦しい展開でしたが、後半はしっかり2つ伸ばしてくるあたりがさすがというところです。

後退したとはいえ、1打差の2位ですから、逆に落ち着いて自分のプレーができるかもしれないですね。

 

初日のキム・ヒョージュには、全選手脱帽というところでしたが、日が変われば、「次は私よ」と言わんばかりに、他の選手が伸ばしてきます。有力選手がしっかりと上位に顔を出してきました。

 

2日目、キム・ヒョージュを抜いてトップに立ったのは、米国のブリタニー・リンシカム。この日は6バーディノーボギーの完璧なラウンドで、一気に2桁10アンダーまで伸ばしてきました。

 

リンシカムの特徴は、2日目のドライビングディスタンス267.5ヤードというパワフルなプレーです。グリーンを外したもの僅かに2回ですから、初日のキム・ヒョージュに匹敵する出来だったようですね。

 

今シーズンのリンシカムは、ウェグマンズLPGA選手権2位に入ったのが最高ですが、カナディアンパシフィック女子オープンでも、7位タイに入っており、調子はいいようですね。

賞金ランキングは、現在24位世界ランキング(ロレックスポイントランキング)は28位ですが、ここで一気に順位をあげるチャンスです。

 

3位には、今日2つスコアを伸ばした韓国のハー・ミジョンが、7アンダーの3打差で追走、4位には6アンダーで、カリー・ウェブ(オーストラリア)とスーザン・ペテルセン(ノルウェー)、世界ランキング1位ステーシー・ルイスは、まだまだ射程圏内の、5アンダー6位タイにつけています。

 

日本人選手のトップは、初日2アンダーの12位タイと好スタートを見せた宮里美香ですが、この日は前半一つスコアを伸ばしたものの、後半は4番と5番で連続ボギーなど、伸ばせず、結局スコアを2つ落として1オーバーの72と、トータル1アンダー19位タイにやや順位を下げました。

 

同じく2アンダーで初日を終えていた上原彩子も、前日の貯金を吐き出してトータルイーブンパーの26位タイへと後退。

 

一方、この日スコアを伸ばしたかった横峯さくらは、出だし好調。

スタート1番からバーディ発進で波に乗り、4番でもバーディと2アンダーまでスコアを伸ばしてハーフターン。

しかし、後半に入ると一転してボギーが先行し、14番、15番、16番での連続ボギーであっという間に前半の貯金がなくなってしまいました。

 

この日もイーブンパーとスコア自体はのばせなかったものの、順位は上原彩子と同じく26位タイへと浮上。

結局2日目は、横峯さくらのイーブンパーが日本勢の最高スコアととなりました。

 

期待された宮里藍は、バーディを5つも取りながら、ボギーも5つ、さらにダブルボギーも2つ大荒れのラウンド。通算スコアも9オーバーで、今季のメジャーが終了となりました。

野村敏京も、この日のスコア79と精彩を欠き、結局トータル12オーバーで予選落ちとなりました。

予選を通過した3名の選手には、あと2日間でなんとか順位を一つでも上げて欲しいところです。

 

◆実力者リュ・ソヨンが失格◆

先般のカナディアンパシフィック女子オープンを制した韓国のリュ・ソヨンが何と、ルール違反により失格となりました。

「事件」が起こったのは、4番ホール。パットを外してしまい、苛立ったリュ・ソヨンが、シューズにパターを打ち付けてシャフトが曲がってしまうというハプニング。

 

ここでパターを使わず、別のクラブで打てば良かったのですが、よほど頭に血が上っていたのか、ルールを忘れていたのか、リュ・ソヨンは、シャフトが曲がったパターそのままタップインしてしまいました。

これが、「ゴルフ規則4-3b」に違反したとして、失格ということになりました。

4-3 b 通常のプレー中以外のときに受けた損傷
 正規のラウンド中に、プレーヤーのクラブが通常のプレー中以外のときに損傷し、そのために不適合となったりクラブの性能が変わったときは、以後そのラウンド中はそのクラブを使ってはならない。また、取り替えてもならない。
※規則4-3bの違反の罰は 競技失格

通常のプレー中というのは、ボールを打つなどはもちろん、バックから取り出そうとした際や、球を探すため、あるいは取り戻すためにクラブを使用(クラブを投げることは除く)、プレーの順番を待っているとき、球をティーイングするとき、あるいはホールから球を取り出すときにクラブに寄りかかる偶然クラブを落とすなども該当するとされています。(JGAゴルフ規則裁定集より)

今回のように、クラブに八つ当たりというのはもってのほかの行為のため、そのクラブを使用すると失格ということになりますね。

せっかくアンダーパーで初日のラウンドを終えているのですし、子供たちも見ていますから、プロがシャフトを曲げたり、ヘッドをコースに叩きつけたりというのは、やめてほしいですね

 

【2日目ハイライト動画:YouTube】

 【2日目上位・日本人選手成績】

順位 通算 選手名 Today 1R 2R
1 -10 ブリタニー・リンシカム -6 67 65
2 -9 金 孝周 1 61 72
3 -7 ハー・ミジョン -2 66 69
4T -6 スーザン・ペテルセン -2 67 69
4T -6 カリー・ウェブ E 65 71
6T -5 ステーシー・ルイス -4 70 67
6T -5 モリヤ・ジュタヌガーン -3 69 68
6T -5 リディア・コ -3 69 68
9T -4 アンナ・ノードクビスト -4 71 67
9T -4 金 寅敬 -2 69 69
9T -4 マリア・ウリベ -1 68 70
9T -4 エイミー・ヤン -1 68 70
19T -1 宮里 美香 +1 69 72
26T E 横峯 さくら E 71 71
26T E 上原 彩子 +2 69 73
カット +9 宮里 藍 +6 74 77
カット +12 野村 敏京 +8 75 79
失格 -1 柳 簫然 70  
棄権 ミッシェル・ウィー

 



スポンサーリンク

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ