ピュアシルクバハマLPGAクラシック2016コース情報

米国女子ゴルフツアーは

早くも今月末、1月28日に開幕します。

今シーズンの開幕は、

ピュアシルクバハマLPGAクラシックとなります。

 

一度はバハマに数週間滞在して、

ゴルフを堪能したいというような

素晴らしいロケーションのコースですが、

天候次第ではゴルファーに

牙をむく難コースでもあります。

今回はそのコースを紹介していきたいと思います。

 



スポンサーリンク

 

会場はオーシャンクラブGC

ピュアシルクバハマLPGAの開催コースは、

オーシャンクラブGC(バハマ)ですが、

2013年には豪雨でコースが水没して

54ホールに短縮されたというとおり、

とにかく海と水がらみのコースです。

 

BAH-MAP-LR-605x458
出典:http://puresilkbahamasclassic.com/

 

好天で風が穏やかならば、

まさにパラダイスという光景ですが、

風が吹くと選手にとっては厄介ですね。

 

1番ホール 362 Yards

8014_HasikPub_10
出典:http://puresilkbahamasclassic.com/

1番ホールはやや打ち上げのホールで、

両サイドにイチジクの木が立ちならんでいますが、

ご覧のとおり、

日本のコースと異なり、

風はスルーという感じですね。

 

左サイドはフェアウェイからグリーンまで

バンカーにガードされていますので、

ピン位置次第ですが

基本は右サイドからの攻めになりますね。

 

2番ホール 374 Yards

The Clubhouse at Ocean Club Golf Course
出典:http://puresilkbahamasclassic.com/

1番の折り返しなので、

やや下りのライが続きますが、

グリーンへは打ち上げになります。

グリーン左サイドに仕掛けられた、

小さなポットバンカーは、

捕まる選手も多くなりそうです。

※写真では、

2番のグリーンがわずかにしか

見えていませんので、全景が解りづらいです。

 

3番ホール 167 Yards

8014_HasikPub_12
出典:http://puresilkbahamasclassic.com/

167ヤードの浮島状のグリーンです。

左サイドは陸地につながってはいますが、

グリーンは浮島の中にあるように見えます。

ここも風のジャッジが難しくなりますね!

 

4番ホール 535 Yards

8014_HasikPub_13
出典:http://puresilkbahamasclassic.com/

ロングホールですが、

普段は追い風ということで、ロングヒッターに有利。

 

ランディングエリアは

両サイドのバンカーで狭く絞られているので、

ティーショットのコントロールも求められます。

グリーンもバンカーにガードされていますし、

距離もありますので、3打目勝負ですね!

 

5番ホール 183 Yards

8014_HasikPub_14
出典:http://puresilkbahamasclassic.com/

やや打ち上げで183ヤードと

距離があるパー3です。

さらに、

グリーンにアンジュレーションがあって難しいので、

スコアを崩さないようにするホールですね。

 

6番ホール 370 Yards

8014_HasikPub_15
出典:http://puresilkbahamasclassic.com/

左サイドに大きなバンカーがあって、

その中にヤシの木がありますね。

あそこにはなかなかいかないだろうと思っても、

何故か行ってしまうので、

厄介な木になりそうです。

 

7番ホール 480 Yards

8014_HasikPub_16
出典:http://puresilkbahamasclassic.com/

ここは最も短いパー5ですが、

ティショットのランディング位置は

海とバンカーで狭くなっています。

グリーン手前目にバンカーが配置されていますので、

短いとは言えリスキーですから、

セカンドはレイアップして

バーディ狙いではないでしょうか。

 

8番ホール 310 Yards

8014_HasikPub_17
出典:http://puresilkbahamasclassic.com/

続いて最も短いパー4ですが、

ここはビーチ沿いというロケーションですから、

7番以上に風の影響はありそうです。

風次第ではビッグドライブも期待できますが、

大きいグーリンのピンを狙うセカンドの精度が求められます。

 

9番ホール 385 Yards

The Clubhouse at Ocean Club Golf Course
出典:http://puresilkbahamasclassic.com/

前半のフィニッシュは、

両サイドが池というプレッシャーがかかるホールです。

2打目も、

左サイドから入り込む池が気になりますので、

ティーショットは、右目に打っていきたいところですね。

 



スポンサーリンク

 

10番ホール 388 Yards

8014_HasikPub_01
出典:http://puresilkbahamasclassic.com/

ここは、やや左にドック気味のホールですので

右サイドに置きたいのですが、

バンカーが待ちかまえています。

バンカーは左サイドにあるだけですが、

ラフからだと止まらずに捕まる可能性も大です。

 

11番ホール 542 Yards

8014_HasikPub_02
出典:http://puresilkbahamasclassic.com/

11番は軽い右ドックですが、

右サイドが海がらみになりますので、

セカンドの逃げ場所が無い

プレッシャーのかかるホールですね。

 

12番ホール 170 Yards

8014_HasikPub_03
出典:http://puresilkbahamasclassic.com/

このショートホールは

やや砲台になったグリーンのようです。

風は、和訳すると「卓越風」ということですが、

特有の風の中でのプレーになるため、

その計算が必要ですね。

 

13番ホール 378 Yards

8014_HasikPub_04
出典:http://puresilkbahamasclassic.com/

さすがに後半は難しいホールが続きます。

ここも風の影響が強いので、

ショットのコントロールが必要ですね。

海に突き出たグリーンですから、

風の読みが難しいです。

思い切って突っ込んでバーディが摂れるかが

カギになりそうですが、

パーでもOKのような気がします。

 

14番ホール 412 Yards

8014_HasikPub_05
出典:http://puresilkbahamasclassic.com/

長いパー4で、グリーンへはやや打ち上げです。

さすがに米女子ツアーの強者は

意にも介さないでしょうけれど、

我々にはキツイホールです。

 

15番ホール 530 Yards

8014_HasikPub_06
出典:http://puresilkbahamasclassic.com/

ティショットのベストポジションは

右サイドということですが、

課題は、

小さいグリーンを狙うために必要な

2打目の精度。

いいポジションへ運ばないと

バンカーに捕まる可能性が高い。

 

16番ホール 397 Yards

8014_HasikPub_07
出典:http://puresilkbahamasclassic.com/

このホールは右にドックしているので、

右の池、奥の池とまるで

水の中に打っていくようなイメージですね!

しかも左から右への風が吹いて

難易度を上げますので、

このホールで大きく順位変動が起こることもあり得ます。

 

17番ホール 176 Yards

8014_HasikPub_08xx
出典:http://puresilkbahamasclassic.com/

17番の池は気になりませんが、

手前のバンカーと池がらみの湿地帯への

ショートは厳禁です。

ピンを狙って正確なショットが要求されます。

 

18番ホール 485 Yards

8014_HasikPub_18
出典:http://puresilkbahamasclassic.com/

最終ホールのパー5も全く気が抜けません。

右ドックの右側に池、左サイドに逃げれば

大きなバンカーです。

プロならこのバンカーからレイアップで

バーディはいけそうですが、

グリーンが3段グリーンなので、

ピン位置によってはかなりの精度が要求されます。

 

いかがでしたでしょうか?

簡単にホールの概要をお伝えしましたが、

実際の状況は開幕戦の中継で確認していきましょう!

 

【ゴルフネットワーク放送予定】

放送日時間
2016年01月28日(木)深夜1:30~翌前4:30
2016年01月29日(金)深夜1:30~翌前4:30
2016年01月31日(日)午前5:00~7:00※最大延長 午前8:00まで
2016年02月01日(月)午前5:00~7:00※最大延長 午前8:30まで

 



スポンサーリンク

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ