ヨコハマタイヤLPGAクラシック2014 速報 2日目

アメリカ女子プロゴルフツアーの、ヨコハマタイヤLPGAクラシック2014の速報2日目です。

久々に、こちらの「AI」も上位へ浮上してきました。

 

日本では、鈴木愛が、最年少メジャーを制覇して、「藍」越えと話題になっていますが、ここまで日本女子ツアー、女子プロゴルフの人気をけん引して、多くの10代女子アマチュアがプロを目指すきっかけとなった、宮里藍の活躍が待ち遠しく感じた今シーズン。

 

ツアーも終盤にかかって、ようやく1ラウンドではありますが、久々に宮里藍らしいプレーが戻ってきました。

パットが安定していると、自ずとスコアも安定してきますので、非常にいい傾向です。

宮里藍コメント

「ショットの調子もすごくいいですし、バーディチャンスも多かった。何度かアプローチでミスもあったけれど、10ヤードくらいのアプローチで許容範囲のミス。すごく流れのいい一日でした」(パーオンより)

そうすると、ショットにもいい影響が出てきますので、2日目は、グリーンを外したのはわずかに3回と、好調時と同様のラウンドとなっています。

 

2日目は、出だしのボギーなんのそので、しっかりバーディーを重ねて、5アンダープレーですから、この調子で、スコアを伸ばしていって欲しいですね。

 

一方、初日66の好スコアで出た、上原彩子は、一つスコアを落として、首位とは8打差離されての10位タイ。

2日目のボギー5つは、少し打ちすぎでしょうね。今後、安定して上位にいるためには、特に、2日目でしっかりと伸ばして、追走するということが必要です。

 

まずは、自分のゴルフをするということが第一ですが、相手との差があまりにありすぎると、追いかけようとしても、やはり、気持ちの入り方が違います。

あまり無理をすると、自分のゴルフというわけにはいきませんから、とにかく一打でも食らいついて行って欲しいですね。

 

宮里美香は、パープレーと伸ばすことができずに、現状16位タイ、野村敏京は、2つスコアを伸ばして、34位タイとなっています。

 

来季に向けて後がない有村智恵は、この日イーブンで、カットラインに1打及ばず、予選落ちとなりました。

 

アメリカ女子ツアーの終盤戦は、アジアツアーとなりますが、出場者が限られるということで、賞金ランキング103位の有村智恵が出場できる可能性は少なく、来シーズンのシード権が得られるのは、上位80位までに入ることは厳しい状況になりました。

 

来季出場権を得るためには、年末に開催される予定の予選会に回らなければいけませんが、そこで権利を獲得するためにも、しっかり調整し直す必要がありそうです。

 

2日目首位に立ったのは、3位タイからスタートした南アフリカのポーラ・レト。この日も6アンダーと、前日の7アンダー同様の好スコアで、2位のハー・ミジン(韓国)に3打差としています。

3位には、さすが、世界ランクトップのステイシー・ルイス(米国)がピタリと追撃を伺うという展開です。

 

3日目は、いわゆるムービング・デーということですが、日本人選手には、粘って上位についていって欲しいですね。

【2日目上位選手と日本人選手成績】

順位 PLAYER SCORE TODAY 1R 2R TOTAL
1 ポーラ・レト -13 -6 65 66 131
2 M.J.ハー -10 -2 64 70 134
3 ステイシー・ルイス -9 -1 64 71 135
4T シドニー・ミシェルズ -7 -7 72 65 137
4T アリソン・ウォルシュ -7 -4 69 68 137
4T モリヤ・ジュタヌガーン -7 -3 68 69 137
7T ジェーン・パーク -6 -2 68 70 138
7T クリスティーナ・キム -6 -1 67 71 138
7T シドニー・クラントン -6 0 66 72 138
10T ブリタニー・ラング -5 -4 71 68 139
10T ブリタニー・リンシコム -5 -3 70 69 139
10T シダパ・スワナプーラ -5 -2 69 70 139
10T ケイティ・バーネット -5 -1 68 71 139
10T ヨー・スヨン -5 0 67 72 139
10T 上原彩子 -5 1 66 73 139
16T 宮里藍 -4 -5 73 67 140
16T 宮里美香 -4 0 68 72 140
34T 野村敏京 -2 -2 72 70 142
CUT 有村智恵 3 0 75 72 147


スポンサーリンク

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ