ヨコハマタイヤLPGAクラシック2014 速報 3日目

アメリカ女子ゴルフツアーのアジアツアー前のアメリカ国内最終戦、ヨコハマタイヤLPGAクラシック2014、3日目の速報です。

日本勢が久々に上位につけて、活躍が期待されるところですが、3日目の成績はどうだったでしょうか?

 

2日目まで日本勢トップの上原彩子ですが、3日目もスコアを2つ伸ばして、トータル7アンダーの7位タイと、健闘を続けています。

前半2アンダーで終えて、後半の伸びが期待されましたが、バーディーなしのオールパーでホールアウト。

それでも、課題の3日目でスコアを落とさずに、伸ばして終えることができたのは大きな収穫と言えるでしょう。

 

2日目、上原彩子に次いで16位タイと、67の好スコアで浮上してきた宮里藍も、上原彩子と同じく、今日のスコアは2アンダーと伸ばしてきています。

2番と18番で、前のホールをバーディとした直後のボギーがもったいないというところですが、順位を4つ上げて12位タイと、久々のトップ10フィニッシュが目の前です。

現在6アンダーですが、あと4つスコアを伸ばして、2桁アンダーまで伸ばしたいところですね。

 

 

宮里美香と野村敏京は、イーブンパーと、スコアを伸ばせず、それぞれ20位タイ、33位タイに止まっています。

最終日は、ビックスコアで上位進出というのを期待しましょう。

 

さた、現在のトップは、韓国のハー・ミジョンと、南アフリカのポーラ・レトが15アンダーで並んでいます。

この時点で、3位タイグループとは4打差と、2人が頭一つ抜けているという状況ですが、追っているのは、世界ランキングトップのステイシー・ルイスですから、無言のプレッシャーはあろうかと思います。

 

それでも、4打差はかなりきつい数字と思いますが、エビアン選手権の、キム・ヒヨージュのように、一日10アンダーや、日本でも8アンダー、9アンダーという選手が出ていますので、こればかりは終わってみないとわかりません。

 

トップの二人が伸ばしあう展開になると、追う立場としては苦しくなりますが、果たしてどうなるか、最終日最終組に注目ですね。

 

【3日目上位成績と日本人選手成績】

順位 通算 選手名 Today 1R 2R 3R トータル
1T -15 ハー・ミジジョン -5 64 70 67 201
1T -15 RETO, Paula -2 65 66 70 201
3T -11 クリス・タミュリス -7 67 73 65 205
3T -11 ステーシー・ルイス -2 64 71 70 205
5T -8 アリソン・ウォルシェ -1 69 68 71 208
5T -8 モリヤ・ジュタヌガーン -1 68 69 71 208
7T -7 イルヒー・リー -4 67 74 68 209
7T -7 DELACOUR, Perrine -3 68 72 69 209
7T -7 ブリタニー・ラング -2 71 68 70 209
7T -7 上原 彩子 -2 66 73 70 209
7T -7 シドニー・マイケルズ E 72 65 72 209
12T -6 ステイシー・キーティング -4 71 71 68 210
12T -6 宮里 藍 -2 73 67 70 210
12T -6 カリン・ショディン -2 66 74 70 210
12T -6 シドニー・クラントン E 66 72 72 210
20T -4 宮里 美香 E 68 72 72 212
33T -2 野村 敏京 E 72 70 72 214


スポンサーリンク

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ