レクシートンプソン 飛距離が凄すぎ!モデルばりの画像・動画とプロフィール

女子ゴルフ世界ランキングの

トップ3に入っているアメリカの

レクシー・トンプソンは、

180センチの長身を活かして、

抜群の飛距離を誇ります。

 

2016シーズン5月時点の

アメリカ女子ゴルフ飛距離ランキングでも

284.12ヤードのトップに立って、

イーグルランキングも8と、

圧倒的なパワーが武器の選手ですね。

 

lexi1 (1)

出典:http://www.ottawagolfblog.com/

 

ですが、オフショットの画像を見ると

まるでモデルやセレブが

レッドカーペットを歩く姿のように優雅で、

その姿からはグリーンを攻める時の

厳しい表情は想像できませんね…

 

140156

出典:http://news.golfdigest.co.jp/

 

Screen Shot 2015-10-26 at 1.03.21 PM

出典:http://www.golf.com/

 

レクシー・トンプソンは

1995年生まれのまだ21歳ですが、

アメリカ女子ゴルフのみならず

世界を驚かせたのはまだ12歳の時。



スポンサーリンク

 

2007年の「全米女子オープン」の予選会を

最年少記録を更新する12歳4カ月で突破し、

14歳になった年には初の予選通過と、

まさに天才少女の名を

欲しいままにしてきた逸材中の逸材です。

 

jrrydercup

出典:http://www.pga.com/

 

ツアー優勝の最年少記録も持っていましたが、

現世界ランキングトップのリディア・コーが、

ことごとく記録を塗り替えてきたため、

現在は2番目の記録保持者になっていますね。

 

アメリカ女子ツアーのパワーゴルフを象徴する

彼女のプレースタイルは、

飛距離を活かしてグリーンを

高い確率で捉えていくということですが、

弱点もあるようですね。

 

15bd7531748a1233bb752ecb770e0738

出典:https://www.pinterest.com/

 

彼女の2016シーズン

ここまでのスタッツを見てみると、

僅かながら弱点も垣間見えます。

 

ドライビングディスタンス 284.12 1位
イーグル数 8 1位
バーディ数 130 18位
パーオン率 79.25 2位
フェアウェイキープ率 69.20 84位
平均パット数 31.03 133位
サンドセーブ 33.33 124位

 

8割近いアベレージのパーオン率で、

まずまずグリーンは捉えていますが、

バーディチャンスにはつけていない…

そんな雰囲気ですね。



スポンサーリンク

 

パッティング、サンドセーブも合わせると、

曲がらなければ強いけれども、

多少乱れてしまうとバンカーなどで

スコアを崩すことも多いということでしょう。

 

thompson_l493178110

出典:http://www.lpga.com/

 

そのレクシー・トンプソンが、

2016年の国内メジャーの初戦、

ワールドレディスチャンピオンシップ

サロンパスカップに登場しますが、

 

2015年のTOTOジャパンクラシックでも

存在感を示す60台でのラウンドで、

余裕の6位フィニッシュ。

 

140173

出典:http://news.golfdigest.co.jp/(with小林会長)

 

この大会はまさに優勝候補の筆頭として

日本の飛距離女王渡邉彩香との

予選ラウンドです。

 

日本のファンは、

2人のプレーに「お~っ…」という

溜息まじりの声援が連発しそうですね!

 

レクシー・トンプソン プロフィール

Lexi-Thompson-Pink-Driver

出典:http://www.bunkersparadise.com/

 

本名は、アレクシス・トンプソン

生年月日::1995/02/10

出身地 :米国フロリダ州

身 長: 180.0cm

 

3人兄妹の末っ子で兄2人もゴルファー、

長兄はPGAや下部のネイションワイド、

次兄はルイジアナ州立大のメンバー。

 

Lexi-Thompson-Kraft-Nabisco-2014

出典:http://www.mygolfway.com/

 

彼女の使用ギアはコブラで、

水色系のペイントが特徴的です。

 

lexi1

出典:http://www.cobragolf.de/

 

シャフトはフジクラ製ですが、

ZCOM SIX DRIVER SHAFT

という特殊なもののようですね。

 

フレックスはXで、

ちょっと打たしてもらいたい!という

意欲が湧いてしまいます!

 

パワフルなトンプソンに今後も

注目ですね!



スポンサーリンク

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ