全米女子オープンゴルフ 2016結果、男子に続き女子も裁定が!!

全米女子オープンゴルフ2016は、

2005年のこの大会でアマチュアながら2位と、

衝撃的な活躍をみせていたブリタニー・ラングが、

10年の歳月をかけてのメジャー初勝利を手にしました。

 

日本勢は野村敏京が5つのバーディを奪うも、

それを一つ上回るボギーと大荒れのゴルフで11位タイ。

 

逆転でのオリンピック出場を目指した渡邉彩香も

あと少しまでこぎつけながら最終日に崩れて、

切符を手にすることが出来ませんでした。

 

最終日は60台が僅か2選手という厳しい状況でしたが、

プレーオフにもつれた戦いにも、

男子の全米オープン同様の問題が水を差しましたね…

 

全米女子オープンゴルフ 2016結果

145343

出典:http://news.golfdigest.co.jp/

 

順位TOTALPLAYER1R2R3R4R
1-6B.ラング68756871
2-6A.ノルドクビスト68747367
3-4エイミー・ヤン67717373
3-4チ・ウンヒ69717074
3-4L.コー73667075
3-4朴城炫70667474
7-3S.ルイス71746971
8-2J.E.シャドフ70717570
8-2G.ピラー70727470
8-2Cr.カー67757272
11-1柳簫然71767169
11-1S.マイケルズ69727571
11-1イ・ミリム64747673
11-1野村敏京70697573
11-1G.ロペス71727173
11-1A.スタンフォード71707175
170J.コルダ70707573
170L.ロペス73727172
170A.ジュタヌガン70756974
170D.カン71697375
211S.ペターセン72747271
211ジャン・ハナ73717471
211M.マーティン71707771
211A.シャープ70727572
211K.タムリス71727175
262Chr.キム70757372
262M-A.ラブランク72697673
262林シユ73737371
262L.サラス70787171
262C.マシュー73727174
262キム・セヨン75687275
323K.カウフマン75707373
323L.トンプソン74737173
323K.タン68727873
323李美香72747174
323P.ファトラム70787271
323チェ・チェラ75697176
384チェ・ヘジン72717574
384N.ラーセン74737174
384G.ノセラ72737374
384横峯さくら71757373
384渡邉彩香74717176
384B.リンシコム75727372
384フォン・シャンシャン74747470
384キム・ヒョージュ73736977
465Madelene Sagstrom78697175
465P.リンドベリ70737476
465ミンジー・リー67757576
465K.ウェブ73737374
465アン・ソンジュ74737571
465ジェニー・シン71777570
526K.ション73737672
526Am.アンダーソン71777472
547C.マソン73737178
559J.ソン75737178
559R.オトゥール71737677
559M.ジュタヌガン69777675
559B.レカリ78707772
5910P.クリーマー74747476
5910Nelly Korda72767575
5910テレサ・ルー74747575
5910ペクQ74737774
5910曽ヤニ72757972
6411B.ヘンダーソン76717676
6512パク・ヒヨン70757877
6512Sue.キム76717677
6715C.ソング74727780
6715A.バレンズエラ72757680
6917原江里菜71777681
6917H.オサリバン72758276
7120M.プレッセル73757981
7223S.ポポフ71777786

 

全米オープンでもあった時間差裁定!

2016シーズンは、男子の全米オープンを制した

ダスティン・ジョンソンのグリーン上での裁定に、

あとから罰をつけるという、不可解な事件がありました。

 

この時はジョンソンが競技委員を呼んで確かめて

ホールアウトしましたが、それは5番でのこと。

 

それが12番のティショットを打つ際になって、

罰をつけるかもしれないという話をジョンソンに伝えたのですから、

各選手からのブーイングは凄まじかったですね。

 

さて、今回の女子のはどうだったか…

VTRでは確かにソールが砂に触れてしまい、

崩れている様子がうかがえますのでペナルティは仕方なしですが、

さすがにタイミングはどうかな…と思いますよね。

 


 

 

疑義があれば速やかに確認して、

そのホールをホールアウトするまでに速やかに裁定して、

選手に伝えるということもできるでしょう。

 

VTRもあるのですから、

運営サイドはテレビ局と連携して態勢を整えて常に確認するとか、

そのホールを終えるまでに迅速に裁定することなどして、

機敏に対処していかないと、

 

せっかくの選手のパフォーマンスが落ちて、

ギャラリーも興ざめになってスッキリしない大会という

負のイメージになってしまいます。

 

ゴルフの場合、ギャラリーからの指摘でも

覆ってしまうというのがありますから、

その結果をクリアに裁定するということですが、

他のスポーツからしたら、ジャッジがOKなら、

それでいいのでは?とも思います。

 

迅速に裁定が下されれば、

そこで選手も気持ちを切り替えるチャンスが生まれますが、

さあ次の位置だが勝負という時に

「あ、あのホール2打罰ね」と言われては、

さすがに心乱れるでしょう。

 

全米オープンではジョンソンの強い気持ちが勝って、

大炎上が続くことはありませんでしたが、

もし結果が異なっていれば収束しなかったでしょうね。

 

男女の試合で同様の「後から罰」というのは、

決して好ましいとは言えませんので、

次戦以降は改善して欲しいですね!



スポンサーリンク

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ