ゴルフ初心者に必要なスイング理論(2)

ボールが飛び出す方向を決めるのは?

ボールが飛び出す方向を大きく分けると、

左へ飛ぶ、真っ直ぐ飛ぶ、右へ飛ぶの、3種類になります。

 

飛び出す方向は、大きな力が加わった方向ですので、

ボールが飛び出している方向に向けて振っているという

ことになります。

 

打ち出し方向

 

もちろん、ボールがクラブの根元に当たってしまう、

「シャンク」など、当てはまらないものもありますが、

自分が振った方向=ボールの打ち出し方向

ということなのです。

 

ボールの飛び方は9種類!

動画のように、ボールにクラブのヘッドが当って飛び出す方向というのは

上下の高低差を除くと、9種類にけることができます。

これによって、自分の打ち方を知ることができるので、

ここだけはしっかり理解しておいてくださいね。

 

ボールが曲がる方向理由は?

ボールが曲がるのはなぜでしょうか?

野球の投手が投じる変化球は、どうして曲がるかという

原理と同じで、ボールに横方向の回転がかかるからです。

 

多少でもボールとクラブの面がまっすぐではなく、

ずれて当たることで、ボールに回転がかかります。
回転が時計回りなのか、その逆なのかによって、

ボールの曲がり方が変わりますよね。
時計回りに回転がかかると、どんどん右へ曲がりますし、

その反対だと左方向へと曲がっていきます。

ボールフライト

ですから、図のように、左へ飛び出したら、さらに左、

そのまま真っ直ぐに、まず左へ飛び出して、それから右

と、いうような打球が出るわけでなんですね。

 

練習する際には、今、自分がどの方向に振っていて、

あるいは打ち出していて、どちらに曲がるのが多いかを

しっかり把握しましょう。

 

小さなスイングで打ち出し方向を真っ直ぐに!

ボールが飛んでいく方向や、曲がる原理はある程度ご理解

いただけたかと思います。
打ち出しで右や左に行くと、ターゲットが正面にある場合は、

回転をかけて戻す必要があります。

 

そのようなスイングが身についているのであればOKですが、

まだ初心者であれば、できるだけ真っ直ぐ方向に

打ち出す訓練をして、会得したほうが上達が早くなります。

 

練習方法としては、ゴムティー打ち、そして、一番低い

ティーにボールを載せて、ゴムティーと同じ、
小さなスイングで、無意識に芯に当たる感覚をつかめるまで

練習するといいですね。

この練習方法は、私自身が実践したプログラムの一部ですが、

 

7日間シングルプログラム

 

自宅、室内でも練習できるように工夫すると、

お金もかからず、好きな時間、

出勤前などの数分でも 練習できますので、

是非トライしてみてください。

 

皆さんも、シングル、スクラッチプレーヤーになる!

と決めてしっかり取り組めば達成できます。

 

そんなに時間がない!とか、

速攻で上手くなる理論を という方には、

こちらもおすすめです。


速攻!パワーインパクトゴルフ

 

しかし、実践をしなければ上達はしませんので、

練習のプランニング、実践、チェック、修正を繰り返して

頑張りましょう!



スポンサーリンク

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ