女子ゴルフかわいいランキング上位!菊地絵理香のスイング解析

女子ゴルフ界でもかわいい選手として

注目されている菊地絵理香プロですが、

このブログでのランキングも、

もちろん上位にランクインしています。

女子ゴルフかわいいランキング

 

菊地絵理香プロは、

2015シーズンに念願の初勝利を手にし、

その後は安定したプレーを続けて、

実力の方もトッププロの仲間入りしました。

 

de08567e2997cc88055ce09104f3d4a30c48670f
出典:https://www.lpga.or.jp/

 

2015年のメジャー大会の

日本女子オープンゴルフでも、

日没が迫る中でのプレーオフまで

もつれ込む熱戦を演じるなど、

すぐにでも2勝目、3勝目と期待できる

プレーヤーへと成長しています。

 

菊地絵理香スイング解析

その菊地絵理香プロのスイングを

ゴルフダイジェストオンラインの

特集で解析していますので、

さっそくチェックしていきましょう!

 

 

菊地絵理香プロは東北高校の出身で、

私はその当時からプレーを見る機会があり、

非常に技術の高い選手という印象でした。

 

プロ入りして3年目のころでしたか、

ミヤギテレビ杯ダンロップレディスを

観戦した際は、

それほど飛距離は出ていませんでしたが、

 

精度の高いウッドコントロールと、

パッティングが冴えて、

高校時代過ごした第二の故郷、

宮城のギャラリーを大いに沸かせていました。

 



スポンサーリンク

 

こうしてスイングを分析していくと、

やはり、小さな体を上手に使って飛距離を

出していくためにも、

軽いドローボールを打つようなスイングが

必要になるということですね。

 

昨年の賞金女王イボミはじめ、

女子プロはこういった細かい部分でも、

一般男性を上回ることが出来る

秘密があるんですね。

 

 

アイアンでは、しっかりとダウンブローに

打ち込む意識で、結果的には、

ややカット目のフェード系になっているので、

グリーンでピタリと止まるボールが

打てているようです。

 

アイアンとドライバーのテンポが

ほぼ同じというのもプロならではですね。

アマチュアだと、

一打ごとにテンポが違って、

クラブが違えばさらに変わるという

場合もあります。

この辺りを真似していくと

安定したスイングに近づきそうですね!

 

パターのスイングテンポも同じ

菊地絵理香プロの武器の一つは、

再三見せるロングパットの絶妙な距離感です。

 

プロであれば当然!ということですが、

パターのスイング軌道が安定していなければ、

正確に思ったラインに打ち出すことはできません。

 

 

菊地絵理香プロも、

インサイドインのスイング軌道で、

ややインサイドからストレート気味に

ヒットして良いラインへと打ち出して

いるようです。

 

パターのテンポも、

アイアンやドライバーに近く、

こういったスイングリズムの一体感が、

安定したショットを生み出しているんですね!

 

今回は、菊地絵理香プロの

スイング解析動画をご紹介しました!

 

菊地絵理香プロの2016シーズンでの

複数優勝に期待しましょう!

 

初心者女子高校生が3ヶ月で100切り目前!

7日間シングルプログラム
 


スポンサーリンク

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ