女子ゴルフスイング動画 イボミの秘密を徹底分析

女子ゴルフもシーズンオフですが、

2015シーズン賞金女王のイボミの

スイングを徹底解析していきましょう!

 

動画はゴルフダイジェスト・オンラインが提供している、

石井プロコーチのエプソンM-Tracerを

使用したスイング解析です。

 

イボミの動画はアイアン、

ドライバーとアップされていますが、

今季抜群のキレを見せたショットに注目ですね!

 

イボミスイング動画【ドライバー編】

ドライバーでは軸を意識しているということで、

練習場でも頭が動かないようにチェック。

 

ドローボールヒッターなので、

軌道はインサイドから入り、調子が悪いと

フックがきつくなる傾向があり、

その時は頭がスェー気味に動いていると、

チェックポイントがはっきりしていますね!

 

 

データ解析でもインサイドからのアッパーブローで、

捕まったドローボールを打っています。

ヘッドスピードは45.2m/sと、

小さな体で一般男性並みのスピードを出しています。

 

M-Tracerのシャフト回転解析では、

一番開いているハーフウェイバックでも、

一般ゴルファーが目指す数値の50を

大きく下回る25.8ですから、

スライスは全くと言っていいほど出ないスイングです。

 

インサイド気味にバックスイングすると、

普通はフェースが開いてしまうので、

アマチュアの場合はやや真っ直ぐ引いて

シャフトが立ち気味になるくらいにした方が

良いようです。

 



スポンサーリンク

 

イボミスイング動画【アイアン編】

イボミがアイアンショットで意識しているのは、

スイングを毎回同じにすることと、

ダウンブローに打つこと。

 

そのために肘が外側ではなくて、

下を向くようにスイングをするという点に

重点を置いてると話しています。

 

テレビでのワンポイントレッスンでも、

ポイントを抑えた的確なアドバイスに感心しました!

 

 

右脇にタオルや手袋をはさんで、

スイングのチェック方法を行い、

体から肘が離れないように意識してあのきれいな

ドローボールをコントロールしているんですね!

 

データ解析の結果、ドライバーとアイアンで

テンポが同じというのが

各クラブでのバラつきの無い安定なスイングを

していることの証明ですね。

 

ミズノのパフォーマンスフィッティングシステムなどで

ショップでも測定出来ますので、

一度自分のスイングテンポを測定して、

3回のスイングでどの程度の

バラつきがあるのか確認してみましょう!

女子プロスイング動画はこちら!

 

初心者女子高校生が3ヶ月で100切り目前!

7日間シングルプログラム
 


スポンサーリンク

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ