女子ゴルフ世界ランキング遂に10代がトップ2に!

KPMG女子PGA選手権で

世界ランキングトップに君臨する

リディアコーを相手に堂々と渡り合い、

 

プレーオフの末メジャー初勝利を挙げた

カナダのブルック・ヘンダーソンが

2つランキングを上げて、

コーに続いて2位に浮上。

 

最新の世界ランキングではトップ2が19歳のコーと、

18歳のヘンダーソンという10代の2人ということになりました!

最新世界ランキングはこちら!



スポンサーリンク

 

ブルック・ヘンダーソンの横顔

 

国内ゴルフでも高校生アマチュアが活躍していますが、

ヘンダーソンといえば、

一昨年に軽井沢72で開催された

世界女子アマチュアゴルフチーム選手権の

個人戦で優勝し、その年にプロ転向した超実力派の選手。

 

早くも才能が開花して、

18歳にしてメジャーチャンピオンですが、

先駆者の女王コーもいますから、驚くこともありませんね。

 

2016061310302650499

出典:http://www.alba.co.jp/

 

男子選手のように

速いテンポでスイングしてもバランスが良く、

163センチの身長ながら、

ドライビングディスタンスはツアーのトップ10入りで

平均267.669ヤードとなっていますから、

コーとは対照的な選手と言えますね。

 

賞金ランキングの方も

今季2勝の野村敏京をかわして3位に浮上し、

今後ますます勢いに乗りそうな18歳に注目です。

米国女子賞金ランキング

 



スポンサーリンク

 

覇権はまだまだ続きそう

世界ランキングトップのリディアコーは、

メジャー連勝を目指すもプレーオフで敗れても、

平均ポイントは2位のヘンダーソンに

5.14ポイント差と大きく水をあけていますので、

しばらくは女王の交代は無さそうです。

 

コーは、ボールコントロールが自在ですが、

クラブを短く握るのが特徴です。

150ヤードでも長いアプローチショットという感じで、

ピンへと絡めていますね。

 

ハイブリッド、つまりユーティリティが

抜群に上手いのですが、

一本で打ち分けることができるのが強みです。

 

 

 

日本勢もこのくらいの精度があれば、

十分に戦っていけるはずですし、

体格的にもトップ2人は160センチ台ですから、

参考になる部分も多いと思います。

 

彼女たちの才能も素晴らしいですが、

国内ツアーにも才能にあふれた選手がたくさんいます。

近いうちに海外メジャーを制する選手が出てくるでしょう!



スポンサーリンク

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ