日本女子プロ選手権コニカミノルタ杯 速報(3日目)

国内女子メジャー、日本プロゴルフ選手権コニカミノルタ杯、3日目の速報です。

やはり、選手権の見えない圧力なのでしょうか。昨日、快調にスコアを伸ばして首位に立った鈴木愛が、前半で連続ダブルボギーとスコアを崩し、一気に混戦模様となってきました。

 

3日目の最終組に入り、トーナメントリーダーとしてコールを受けてスタートした鈴木愛でしたが、3日目になって、選手権を意識したのか、出だしから動きが固く、いつもどおりの動きができない様子。

 

帯同する高見キャディーは、「今日はかなりバタつく」と予想済みで、よく話しかけながら立て直しを図っていたようです。

2番、3番での連続ダブルボギーの際は、やはりプレッシャーがかかってきたのか、ここまでなのか、と、テレビで観戦している側でも、このままズルズルとスコアを崩していくのでは?という雰囲気でした。

◇リアルタイムで経験を積みながら勝利へ!◇

104192_600400

出典:http://news.golfdigest.co.jp/jlpga/4743/photo/detail/?cntId=&search=&imageId=104192#imageId=104193

それでも、早いうちにターニングポイントはやってきました。連続ダブルボギーのあと、パー3でしっかりパーセーブできたことが、やはり大きかったと思います。

ズルズル行きそうな時に落ち着くのはやはりバーディよりもパーです。しっかりニュートラルに戻すということができますので、個人的には、まず、パーセーブできればほっと一息つけます。

 

鈴木愛は後半の10番ぐらいから落ち着いたと話していますが、前半は、何が何だかわからないうちに終わってしまったのでしょう。

プロとすればハーフ40は打ちすぎというところでしょうが、技術的には、後半2アンダーなどというのはよくありますので、トータル2オーバー程度で踏ん張れる可能性があります。

 

さすがにそれ以上になると、挽回は難しくなってきますが、それでも可能性はゼロではありません。

鈴木愛は、よく踏ん張ったと言っていいでしょうね。

 

明日は、実力者がピタリと追走する展開ですから、さらにプレッシャーがかかることと思いますが、このようなシチュエーションでのプレーというのも、早々体験できるものではありませんので、とにかく、中途半端にならずに、思い切ったプレーをして欲しいですね。

 

その鈴木愛を、1打差で追いかけるのは、大江香織と上田桃子。

大江香織は、2012年のフジサンケイレディスクラッシックで勝利をあげていますが、今季はサントリーレディスオープンでの4位が最高。

 

賞金はシード権確保圏内の2千万円を超えていますが、やはり、ここでの1勝は、何勝分もの価値があります。

ここで勝利することになれば、優勝した2012年の獲得賞金約3,300万円を上回り、キャリアハイの獲得賞金ということになりますので、気合も入るでしょうね。

 IMG_7118

出典:http://www.alba.co.jp/special/livephoto/?tsdid=90922&round=3&phno=30081&mode=noauto#livephoto

CATレディスで3年ぶりに優勝し、調子も上々の上田桃子は、徐々にコースへ対応し、スコアを上げてきています。最後のボギーはもったいなかったですが、伸ばす選手が少ない中、5バーディー、2ボギーならまずまずというところですね。

 

レギュラーツアーツアー通算10勝の上田桃子といえども、これまでメジャー勝利の経験はありませんから、獲りたいという気持ちは出るでしょう。つまり、プレッシャーは、トップの鈴木愛だけではなく、追う側の選手にも出てくるでしょう。

それが「選手権の重み」ですから、この重圧をはねのけて、栄冠を手にするのは誰なのか、全く予想がつきません。

 

米国のメジャーでも、初日10アンダーのキム・ヒョージュが、2日目スコアを1つ落としただけで、逆転を許していますから、少なくとも4打差以内の選手はチャンスありと言っていいですね。

 

車での人身事故から復帰した黄アルムも好調、さらには海外メジャー女王の申ジエ、今季2つ目のメジャー制覇を目指す成田美寿々と、メンバーは揃ってますので、明日は白熱した戦いが期待できそうです。

◇走って追い越す!?◇

104193_600400

出典:http://news.golfdigest.co.jp/jlpga/4743/photo/detail/?cntId=&search=&imageId=104192#imageId=104193

ただ、連覇がかかっていたイ ボミ、入院中の父親の容態が良くないということで、急遽棄権となったのは残念ですね。

今ひとつ波に乗れていなかったのは、やはり気遣いがあったことと思います。なんとか容態が安定し、快方に向かわれることを祈りましょう。

 

泣いても笑ってもあと1日、だれが自分のベストプレーをできるのか、注目の最終日は、朝7:00ティーオフです!

【3日目スコア・成績】

順位 SCORE PLAYER TODAY 1R 2R 3R
1 -4 鈴木 愛 3 70 67 75
2T -3 大江 香織 -3 70 74 69
2T -3 上田 桃子 -3 73 71 69
4T -2 黄 アルム -1 70 73 71
4T -2 申 ジエ 0 71 71 72
4T -2 成田 美寿々 0 72 70 72
7 -1 穴井 詩 2 70 71 74
8T 0 ジャン・ウンビ -4 74 74 68
8T 0 大山 志保 -2 74 72 70
8T 0 李 知姫 -1 71 74 71
8T 0 イ・ナリ 2 72 70 74
12T 1 原 江里菜 -2 76 71 70
12T 1 永井 奈都 1 70 74 73
14T 2 北田 瑠衣 -3 74 75 69
14T 2 西山 ゆかり -1 75 72 71
14T 2 笠 りつ子 -1 70 77 71
14T 2 菊地 絵理香 0 72 74 72
14T 2 渡邉 彩香 0 70 76 72
14T 2 表 純子 0 72 74 72
14T 2 リ・エスド 2 75 69 74
21T 3 イ・ジミン 0 74 73 72
21T 3 藤田 幸希 0 75 72 72
21T 3 姜 秀衍 2 69 76 74
21T 3 諸見里 しのぶ 2 74 71 74
21T 3 藤田 光里 3 73 71 75
21T 3 フェービー・ヤオ 3 74 70 75
27T 4 藤本 麻子 -1 75 74 71
27T 4 森田 理香子 1 72 75 73
27T 4 吉田 弓美子 2 72 74 74
27T 4 中村 香織 2 73 73 74
27T 4 カン・ヨウジン 2 71 75 74
27T 4 ヤング・キム 4 72 72 76
33T 5 山城 奈々 -1 76 74 71
33T 5 ジョン・ヨンジュ 0 75 74 72
33T 5 福田 真未 0 75 74 72
33T 5 西木 裕紀子 1 72 76 73
33T 5 大谷 奈千代 2 76 71 74
33T 5 香妻 琴乃 2 72 75 74
33T 5 酒井 美紀 3 72 74 75
33T 5 下川 めぐみ 5 71 73 77
33T 5 前田 陽子 5 71 73 77
42T 6 井芹 美保子 0 71 79 72
42T 6 斉藤 裕子 0 73 77 72
42T 6 新崎 弥生 1 74 75 73
42T 6 服部 真夕 1 76 73 73
42T 6 木戸 愛 2 78 70 74
42T 6 佐々木 慶子 4 73 73 76
42T 6 ナ・ダエ 4 71 75 76
42T 6 石川 陽子 5 72 73 77
50T 7 飯島 茜 1 74 76 73
50T 7 ウェイ・ユンジェ 1 76 74 73
50T 7 山本 薫里 2 75 74 74
50T 7 菊地 明砂美 3 77 71 75
54T 8 日下部 智子 2 77 73 74
54T 8 佐伯 三貴 3 75 74 75
54T 8 豊永 志帆 3 72 77 75
54T 8 藤崎 莉歩 6 73 73 78
58T 9 全 美貞 3 72 78 75
58T 9 O.サタヤ 3 75 75 75
58T 9 金田 久美子 3 77 73 75
58T 9 金井 智子 5 72 76 77
62T 10 中山 三奈 4 73 77 76
62T 10 福嶋 晃子 6 73 75 78
64T 11 茂木 宏美 5 77 73 77
64T 11 J.スピーチリー 5 77 73 77
64T 11 宋 ボベ 6 72 77 78
64T 11 福田 裕子 6 75 74 78
64T 11 金 ナリ 7 79 69 79
64T 11 比嘉 真美子 9 73 73 81
70 13 向山 唯 9 73 75 81
71 14 小橋 絵利子 8 76 74 80
棄権 イ・ボミ 71 72

 



スポンサーリンク

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ