第1回:すべての根源はアドレスにあり!



スポンサーリンク

こんにちは、はじめまして、「ごるぱぱ」です!

 

このサイトでは、

何らかの形でゴルフに興味をもって頂いた方がたに、

もっとゴルフの爽快さ、面白さ、素晴らしさを

感じていただくため、

練習方法などもアップしていきたいと思います。

 

まあ、ゴルフ大好きのオヤジが語る戯言ですが、

膨大な器具、DVD、教材の中から、経験にもとづいて、

ベストと思われるものについて

紹介していきますので、よろしくお願いします。

 

記念すべき第1回めのコンテンツは、

「すべての根源はアドレスにあり!」です。

 

たいそうなタイトルをつけてしまいましたが、

練習、ラウンド全て、このアドレスの成否が

結果につながってきます。

 

「なんだよ!そんなことは知ってるよ!

街のシングルさん何かに聞かなくてもわかる!」

 

という意見もあろうかと思います。

 

ごもっともです。

 

私は所属クラブでは優勝経験、

上位入賞経験はあるとはいえ、

プロでもなんでもありません。

 

ただ、それを教えてくれたのは、

あの、「中島常幸」プロなのです。

 

プロは、ボールの打ち方云々はまったく言いません。

「まず、アドレスです。

これで、ショットの成否の半分以上が決まる。

アマチュアなら8割以上がアドレスを間違えている。」

そうです。

 

中島プロが教えるアドレスはシンプルです。

①股関節から折れるようにして、「おはようございます!」

②腕の力を抜いてだらんと下げる。

③ひざを少しだけ、本当に気持ちだけ曲げる。

これでオッケーです。

 

スタンスの幅などは、

極端でなければ良しという感じですね。

どうでしょうか?

皆さんはアドレスがシンプルに、

毎回同じようにできていますか?

 

1打1打、しっかり、

「おはようございます、だらん、ひざ」

の形が整えば、「大きなミス」

ということにはなりにくいのですが、

アベレージゴルファーの多くは、

ボールを早く打ちたい症候群に駆られてしまい、

ほとんどおろそかになっているでしょうね。

 

秋のゴルフ、コンペシーズンが始まりますので、

まずは、シンプルアドレスから

取り組んでみてはいかがでしょうか?

 



スポンサーリンク

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ